セーフモード ( Safe Mode )

 パソコンの調子が悪い時に必要になる起動モードです。
 Windowsの起動に必要な最小限の構成となります。
 新規に周辺装置やデバイスドライバなどを登録し、その影響でWindows が起動できなくなった場合などにセーフモードで起動して
 問題のあるドライバソフトなどを削除して再起動することにより、次回から正常に起動できるようになるという訳です。

セーフモード ( Safe Mode ) で起動する方法 【Windows XP】

  1. コンピュータの電源投入後、コンピュータ製造元のロゴや BIOS の起動画面が表示されたらキーボード上の[F8]キーを連打します。
  2. [Windows 拡張オプション メニュー] が表示されます。
    &ref(safemode.gif,nolink,Windows 拡張オプションメニュー);
  3. 矢印キー[↑][↓]を使用してセーフモードを選択し、[Enter]キーを押します。
  4. [オペレーティング システムの選択] が表示された場合は、Windows XPを選択して[Enter] キーを押します。
  5. ユーザを選択する画面が表示されたら、ログオンするユーザをクリックで選択し、画面上の[→]をクリックします。
    &ref(safemode1.gif,nolink,ログオン画面);
  6. ログオン後、「Windows は セーフ モードで実行されています。」確認ダイアログボックスが表示されます。
    [はい]ボタンをクリックすると、セーフモードで起動します。
注意
セーフモードではUSBマウスなどの機器は使用できません。
キーボードから操作を行うかPS/2コネクタのマウスを接続してから再起動する必要があります。

投稿者: iisys