Windows 10 (1709)、KB4103727による死亡フラグからの生還

Windows 10 April 2018 Update (Windows 10 Version 1803)への大型アップデートが始まり、巷では不具合報告合戦が続いているようです。

私も参戦しようと思ったのですが、どうやら1803に辿り着く前のアップデートKB4103727にやられてしまったようで瀕死になりました。

  • スタートボタンが偶数回クリックしないと反応しない。
  • エクスプローラーにドライブ(C含む)が表示されない。
  • シャットダウンも再起動もできない。
  • ほぼ全てのアプリケーションが起動はするがすぐにフリーズする。

情報を調べようにもブラウザ(ChromeとFirefox)がすぐにフリーズ。
なぜかEdgeだけは機能しました。
普段使わないEdgeですが今回は役に立ちました。(ひょっとしてこれが狙い?)

更新プログラムを削除しようにも、フリーズして一覧表示されないので、思い切ってWindows 10 Version 1803へアップデートしてみることにしました。

最初のうちはサクサクと進むのに、途中から1%進むのに10分以上かかるという利用者の事を考えていなさすぎな仕様。

Microsoftに限ったことではありませんが、プログレスバーの表示は「全体の完了時間を予測してその割合」を表示するようにそろそろ改善してくれませんかね。
確か昔のWindowsインストーラは目安時間が表示されてましたが(40分とか表示されつつも平気で3時間とかかかってましたが)今の技術を使えばもっと正確な表示ができると思うのですが。

これが終わらなければ他に何もできない状況ですし、数字見ながらジーっと待ってると、もうね、詐欺にあった気分。
タバコ一箱無くなりましたがな。
ウサギと亀のウサギですか~っ!

大きな企業が大勢の人を使ってUIがどうのこうのと改善しやすい部分に時間割いて突き詰めるよりも、まずここをお願いします。

話が脱線してしましたが、画面の表示変わりました。

「以前のバージョンのWindowsを復元しています」

( ゚ρ゚)

まあ、、、システムファイルに不具合があったりすると正常にアップデートできないようなので無理もないですね。

暫く待つと、もとどおり瀕死のWindows 10 Version 1709が復元しました。

今度はセーフモードで起動してみました。
Windows 10はセーフモードでの起動が簡単にできなくなっているようで、「Shift+電源アイコンクリック」といった技が必要なのですが、そもそも電源アイコンをクリックしてもシャットダウンも再起動もできない瀕死状態です。
msconfigを変更するしかないかと思っていたのですが、ロック画面(ログイン前のパスワード入力画面)に表示される電源アイコンは効きました!

久々に見るセーフモード。
該当の更新プログラムを削除しようとWindows updateをクリックしてみましたが、セーフモードからは利用できないそうで。

コントロールパネル
 └> プログラム
  └> プログラムと機能
   └> インストールされた更新プログラム

から削除できました。
(「アプリと機能」では表示されません。)

KB4103727のUpdateカタログを見ると、結構重要そうなセキュリティプログラムのようですので、近いうちに根本的に解決しないといけませんが。

投稿者: iisys