最近主流のPC用ディスプレイ解像度は?【過去9年間の推移】

ホームページに載せる適正画像サイズをデータで検証という記事から11年も経ってしまいましたので2018年版を載せました。
(StatCounterによる統計データを元にしています。)

Webコンテンツに使用する画像サイズ結論

掲載データが多くなってしまいましたので、結論を先に書いておきます。

  • パソコンのモニター幅いっぱいの可変サイズの画像(ヘッダ等)を想定するのであれば、(w)2,000ピクセルは必要。これくらいあれば(w)2,560ピクセルで表示したとしても耐えられるクオリティ。10年前に比べると回線環境は良くなったとはいえ、画像サイズが大きくなれば読み込みに時間がかかり、またスマホユーザーに無駄なデータ通信量を消費させてしまう。
  • 記事に添える画像は300~800ピクセル程度のサムネイルを表示して、高解像度が必要であれば元画像にリンクを張る。
  • レスポンシブデザインの場合、表示サイズと同等にリサイズされた画像が表示される工夫が必要。(CSSにwidthを書いても元画像が同じであればデータ量は変わらず、w320のスマホユーザーにw2,000の画像を送り付けるという事態に。)
    jQueryで端末サイズに応じて読み込む画像を振り分けるのが今のところ良さげ。
    下記のようなメディアクエリーを書いても読み込む画像が増えるだけで逆効果。

    <img class="w1920" src="../img_1920.png" />
    <img class="w480" src="../img_480.png" />
    .w1920 { display: block !important; }
    .w480 { display: none !important; }
    @media only screen and (max-width: 480px) {
     .w1920 { display: none !important; }
     .w480 { display: block !important; }
    }

2018年ディスプレイ解像度利用者率Best10(世界)

  1. 1366×768 (28.3%)
  2. 1920×1080 (18.41%)
  3. 1440×900 (6.97%)
  4. 1600×900 (5.75%)
  5. 1280×800 (4.79%)
  6. 1536×864 (4.68%)
  7. 1280×1024 (4.27%)
  8. 1024×768 (4.23%)
  9. 1280×720 (2.91%)
  10. 1680×1050 (2.75%)
  11. その他 (16.94%)

2018年ディスプレイ解像度利用者率Best10(日本)

  1. 1920×1080 (26.39%)
  2. 1366×768 (16.26%)
  3. 2560×1440 (7.85%)
  4. 1440×900 (5.26%)
  5. 1536×864 (4.86%)
  6. 1280×800 (4.14%)
  7. 1280×1024 (3.54%)
  8. 1920×1200 (3.51%)
  9. 360×640 (3.18%)
  10. 1600×900 (2.75%)
  11. その他 (22.27%)

世界ではベスト10にも入っていない2560×1440 (WQHD)が日本では3位と人気があるようです。
360×640については、一部のアプリで「測定できない場合は360×640として送信」しているようです。

パソコン画像解像度、年ごとの移り変わり(世界)

2009年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2010年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2011年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2012年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2013年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2014年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2015年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2016年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2017年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

2018年人気のディスプレイ解像度ベスト10(世界)

パソコン画像解像度、年ごとの移り変わり(日本)

画像解像度別の通称名(出典:wikipedia)

通称 横(px) 縦(px) アスペクト比 総画素数 備考
QQVGA (Quarter QVGA) 160 120 4:3 19,200 代表例:2002年ごろまでの携帯電話
QCIF (Quarter CIF) 176 144 4:3 25,344 代表例:2003年ごろまでの携帯電話
QVGA (Quarter VGA) 320 240 4:3 76,800 代表例:2002年ごろの携帯電話、2011年2月に任天堂が発売した携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(下画面)
(日本の携帯電話)2002年7月16日にNTTドコモが発売したシャープ製「SH2101V」の3.5型液晶
(日本の折りたたみ式携帯電話)2002年12月21日にJ-PHONEが発売した東芝製「J-T08」の2.2型液晶
(Android端末)2010年12月25日に日本通信が発売した「IDEOS」の2.8型液晶
SIF (Source Input Format) 352 240 4:3 84,480 代表例:NTSC圏のビデオCDなど
CGA (Color Graphics Adapter) 640 200 8:5 (16:10) 128,000 PC/XT時代。他PC-98/88 200ライン
HVGA (Half VGA) 480 320 3:2 153,600 VGAの横が半分になった規格。
代表例:初代iPhone, 3G, 3GS、iPod touch(第1 – 3世代)、HT-03Aなどのスマートフォン
(Android端末、液晶)2008年9月24日に発表され、2008年10月22日に発売した「T-Mobile G1 (HTC Dream) 」の3.2型
(Android端末、有機EL)2009年6月にサムスン電子が発売した「Galaxy」の3.2型
EGA (Enhanced Graphics Adapter) 640 350 4:3 224,000 PC/AT時代
PC-98
DCGA (Double Scan CGA)
640 400 8:5 (16:10) 256,000 代表例:Apple Macintosh Portableおよび初代PowerBook、J-3100、FMR-50など
VGA (Video Graphics Array)
SD
640 480 4:3 307,200 DOS/Vの基本となる動作モード、AX (JEGA)。
代表例:Mac 13インチ、初期液晶テレビ、2010年代のキッズ用デジタルカメラの高画質モード、1996年6月に任天堂が発売した据え置き型ゲーム機「NINTENDO64」など
SVGA (Super-VGA) 800 600 4:3 480,000 DOS/V初期の頃にハイテキスト (V-text) などで使われた解像度
XGA (eXtended Graphics Array) 1024 768 4:3 786,432 IBM PS/2の8514/Aに由来するオリジナルモード。
HD (720p) 1280 720 16:9 921,600 代表例:2011年ごろからのスマートフォン(4インチクラス)
(Android端末)2011年11月17日にGoogleが発売した「Galaxy Nexus」の4.65型有機EL
WXGA (Wide XGA) 1280 768 15:9 983,040 代表例:B5サイズ程度のノートパソコンやネットブック
(液晶ディスプレイ)2002年11月28日にバッファローが発表した17型「FTD-W17VS」
WXGA (Wide XGA) 1280 800 8:5 (16:10) 1,024,000 2006年ごろからのノートパソコン(14 – 15型クラス)の主流。2009年ごろよりFWXGAへ移行。
代表例:タブレット端末
HD
FWXGA (Full-WXGA)
1366 768 683:384
(約16:9)
1,049,088 16:9には縦方向に0.375ピクセル足りない。
代表例:2008年]ごろからのノートパソコン(14 – 15型クラス)の主流、低価格HDTVの主流
(デジタルチューナー搭載液晶テレビ)2002年9月25日にシャープが発表した37型「LC-37BT5」
QVGA (Quad VGA) 1280 960 4:3 1,228,800
WXGA+ (Wide XGA+) 1440 900 8:5 (16:10) 1,296,000 2000年代初頭以降、各社ノートパソコンや、1体型パソコンの液晶で採用される。
SXGA (Super XGA) 1280 1024 5:4 1,310,720 17〜20インチのディスプレイで採用される。
SXGA+ 1400 1050 4:3 1,470,000 各社のノートパソコンに採用される。
HD+
WXGA++ (Wide XGA++)
1600 900 16:9 1,440,000
WSXGA 1600 1024 16:10 1,638,400
WSXGA+ 1680 1050 16:10 1,764,000 各社のノートパソコンに採用される。
UXGA (Ultra XGA) 1600 1200 4:3 1,920,000
FHD (Full-HD, 1080p)
2K
1920 1080 16:9 2,073,600 (ブラウン管ディスプレイ)1996年10月にソニーが発表した24型「GDM-W900」で表示可能な解像度の一つ
(液晶ディスプレイ)2008年8月26日にBenQが発表した21.5型「M2200HD」および「E2200HD」
(業務用有機ELディスプレイ)2011年2月にソニーが発売した16.5型「BVM-E170」および24.5型 「BVM-E250」
(スマートフォン、液晶)2012年7月にKDDIが発表したHTC製「HTC J butterfly (HTL21)」の5型
WUXGA (Wide Ultra-XGA) 1920 1200 8:5 (16:10) 2,304,000 (ブラウン管ディスプレイ)1996年10月にソニーが発表した24型「GDM-W900」で表示可能な解像度の一つ
(液晶ディスプレイ)2002年3月21日にAppleが発表した23型「Apple Cinema HD Display M8536」
(タブレット、液晶)2012年9月7日にAmazonが発表した「Kindle Fire HD 8.9」の8.9型
UltraWide FHD 2560 1080 21:9 (7:3) 2,764,800
QXGA (Quad XGA) 2048 1536 4:3 3,145,728 代表例:2012年3月7日にAppleが発表したタブレット「iPad (第3世代)」とそれ以降のiPad 9.7″
(ブラウン管ディスプレイ)1999年4月8日にiiyamaが発売した22型「A201H」で表示可能な解像度の一つ
(液晶ディスプレイ)2001年4月18日にIBMが発表した20.8型「T210」
(プロジェクタ)2002年6月にビクターが発表した「DLA-QX1」
(ノートパソコン、液晶)2002年7月にNECが発売した「VA20S/AE」の15型
WQHD (Wide Quad-HD) 2560 1440 16:9 3,686,400 (ノートパソコン、液晶)2013年4月18日に東芝が発表した「dynabook KIRA V832」の13.3型
(スマートフォン、液晶)2014年5月8日にKDDIとLGが発表した「isai FL LGL24」の5.5型
WQXGA 2560 1600 8:5 (16:10) 4,096,000 (液晶ディスプレイ)2004年6月29日にアップルが発表した30型「Apple Cinema HD Display A1083」
(ノートパソコン、液晶)2012年6月12日に同社が発表した「MacBook Pro」の一部モデルの13.3型
(タブレット、液晶)2012年10月29日にGoogleが発売した「Nexus 10」の10型
UltraWide QHD+ 3840 1600 21:9 (7:3) 6,144,000
QUXGA (Quad UXGA) 3200 2400 4:3 7,680,000 (液晶ディスプレイ)2000年11月16日に東芝が発表した20.8型
4K
QFHD (Quad Full-HD)
UHD 4K (2160p)
3840 2160 16:9 8,294,400 (業務用液晶ディスプレイ)2007年4月に東芝ライテックが発売した56型「P56QHD」
(液晶ディスプレイ)2012年11月28日にシャープが発表した32型「PN-K321」
(ノートパソコン、液晶)2014年4月に東芝が発表した「dynabook T954」の15.6型
(スマートフォン、液晶)2015年9月にソニーモバイルコミュニケーションズが発表した「Xperia Z5 Premium」の5.5型
DCI 4K 4096 2160 256:135 (約17:9) 8,847,360 2009年5月に発表されたHDMI 1.4の最大解像度
(液晶ディスプレイ)2011年10月26日にEIZOが発売した36.4型「FDH3601」
(業務用有機ELディスプレイ)2015年2月にソニーが発売した30型「BVM-X300」
5K 5120 2880 16:9 14,745,600 2014年10月 iMac Retina 5K 27インチ
8K FUHD (4320p)
スーパーハイビジョン
7680 4320 16:9 33,177,600 (業務用液晶ディスプレイ)2014年6月にアストロデザインが発売した98型
2014年9月に発表されたVESA DisplayPort 1.3規格最大解像度。
(液晶ディスプレイ)2015年9月16日にシャープが発表した85型「LV-85001」
10K 10240 4320 64:27 (約21:9) 44,236,800 2017年1月に発表されたHDMI 2.1の最大解像度

投稿者: iisys