WordPressの引越しプラグイン『Duplicator』の正しい使い方

WordPressを使い慣れていて、ドメイン変更等も手動でsql置換して~とやった事がある方が「今回は楽にやってみたい」と、ナメてかかると意外とハマります。
ドキュメント読めば書いてあるんでしょうが、甘く見ているだけに慣れ親しんだ日本語ページをGoogleで探して斜め読みして取り掛かるものですからなおさら。

移転先サーバーにはWordPressをインストールしない。

これ重要です。

多くのサイトで「WordPressをインストールしておく」と書いてありますが、zipが解凍できなかったり、パーミッションの問題が発生したりと問題を引き起こします。
私もエラーが発生したので、サーバーコンソールでunzipのパス確認したり、installer.phpの該当部分を眺めてみたりしましたが、ディレクトリを削除するだけでOKでした。

新しいサーバーに設置するのは旧サーバーからダウンロードした2つだけ。

  • installer.php
  • 20180000_XXXXXXX_archive.zip

これだけの記事なんですけど、少し寂しいので他のポイントも挙げておきます。

  • installer.phpにアクセスする前にドキュメントルート(public_html等)を一旦707等にしておき、終わったら戻す。
  • nginxでキャッシュを使っている場合には止めておかないとハマる。
  • 正常に動作することが確認できたらアップロードした2つ以外にも消しておいたほうが良さそうなファイル。
    • 20180000_XXXXXXX_archive.zip
    • installer.php
    • database.sql
    • installer-backup.php
    • web.config
    • installer-data.sql
    • .htaccess (旧サイトで使用していた場合を除く)
    • installer-log.txt
  • Contact Form 7等でGoogleのreCAPTCHAを使っている場合などは「サイト所有者のエラー:サイトキーのドメインが無効です」と表示されていると思うので申請を忘れずに。
  • 旧サイトへの301リダイレクト設定。

投稿者: iisys