デバイス ドライバの再インストール

デバイス ドライバとは、ディスプレイやサウンド、マウス、光学ドライブなどの周辺機器とパソコンとをつなぐためのプログラム群です。
Windowsに初めから入っているものもありますが、周辺機器を購入すると大抵の場合CDやフロッピーディスクで付いてきます。
最近は製造メーカーのホームページからダウンロードできるものが多くなってきましたが、中には入手困難なものもあります。
OSの再インストールや周辺機器を別のパソコンに取り付ける際などに必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

  1. デバイス ドライバを用意してセットします
    購入時のCDやフロッピーディスクが無い場合には製造メーカーのホームページを探してみましょう。
    こちらのドライバ リンク集は結構便利です。→ 超ドライバリンク集
  2. デバイス マネージャを開きます
    → [[デバイス マネージャの開き方>../デバイス マネージャの開き方]]
  3. 該当デバイスをダブルクリックするとプロパティウィンドウが開きます
  4. [ドライバ] タブをクリックして [ドライバの更新] ボタンを押すと[ハードウェアの更新ウィザード] が開きます
  5. [いいえ、今回は接続しません] を選択して[次へ]をクリックします
    &ref(000.gif,nolink,ハードウェアの更新ウィザード);
  6. [一覧または特定の場所からインストールする] を選択して[次へ]をクリックします
    &ref(001.gif,nolink,ハードウェアの更新ウィザード);
  7. [次の場所を含める] にチェックを入れて [参照] ボタンをクリックしてドライバの入っているフォルダを指定します。
    ドライバがCDやフロッピーディスクに入っている場合には、通常は [リムーバブル メディアを検索] だけのチェックでOKです。
    &ref(002.gif,nolink,ドライバを指定);
    &ref(003.gif,nolink,ドライバを指定);
  8. [次へ] ボタンをクリックします
    &ref(004.gif,nolink,ドライバを指定);
  9. ほとんどの場合「ロゴテストに合格していません」といったメッセージが表示されますが、[続行] ボタンをクリックして問題ありません。
    &ref(005.gif,nolink,Windows ロゴテストに合格していません);
  10. 無事に終了したら [完了] ボタンをクリックします
    &ref(006.gif,nolink,完了);

投稿者: iisys