CPUの役割

CPUはパソコンの頭脳そのものです。
「机で作業する人」を例にすると、CPUは「作業を行う人の頭脳そのもの」になります。
CPUの性能で処理速度が決定されます。
CPUの処理速度が速ければ速いほど画面表示のスピードが高まると考えてもいいでしょう。

代表的なCPUとしては、Intel社のPentiumシリーズCeleron
AMD社のAthlon、Transmeta社のCrusoeなどがあります。

CPUの処理速度はGHz(ギガヘルツ)MHz(メガヘルツ)といったような
「クロック周波数」で表されます。
基本的にはこのクロック周波数の数値が大きい程高速に動作しますが
CPUの種類によっても性能が異なります。

最近ではどのパソコンでも1GHz以上のCPUが搭載されており
クロック周波数のちょっとした違いでは、実際に体感できるほどの差はなく
インターネットやメール、デジカメ画像編集に使うくらいならどのCPUでも
大差が無いというのが現状です。

逆に、3Dグラフィックや、動画編集、高精細なネットワークゲームを
目的で使用する場合は、最速のCPUを選択しておくのが適しています。

投稿者: iisys