サーバは作成したホームページのデータファイルを置く場所となります。
また受信したメールを保存したりするのにも使用されます。

普段使用しているパソコン(インターネットに接続された)は「ダウンロード」が多くをしめます。
「インターネットを見る」という行為も「ファイルや画像をダウンロードして見ている」という事になります。

サーバはそれとは逆で、インターネット上に設置されたサーバ(コンピュータ)にファイルや画像を前もって保存しておき、誰かが接続をしてきたら「アップロード」をします。
普段みなさんが見ているホームページは全てこのような仕組みになっています。

レンタルサーバはこれらの動作を行うサーバをレンタルで借りるというものです。
詳しくはホームページ費用 レンタルサーバもご覧ください。